患者からの民事訴訟提起通告書

患者からの民事訴訟提起通告書

《解説》
医療機関に対する患者さんのトラブルは、この10年さまざまな方法や手段でリアクションを起こすことが増加している。

サポートを行っている医療機関でもありないと思われるようなトラブルが発生し、その対処に苦慮することもある。医療機関として当然の処置をしたと考えていても患者さんの利益に反することもありその対応は難しい。

今回は通告書を1年に2度ずつ4年以上郵送している事例を紹介。民事訴訟を6カ月以内に提起すると書面に書いてあるが現在でも民事訴訟は提起されていない。

どの医療機関もトラブルに巻き込まれたくないが、大きなトラブルにならないような対応方法も必要である。

あわせて読みたい