マスクと消毒用エタノールに振り回される日々?

この2ヶ月とにかくマスクや消毒用エタノールを入手するのに医薬品卸や関連業者に何回問合せをしたかわかない。手にはいらなので市中の薬局を回った。上野では消毒用エタノール(1,100円)が置いてある確率が高いお店をみつけ、何かにつけ上野を回って買えるようになった。事務所のある商店街の夫婦で営む薬局(700円)でも見つけた。そこをチェックするようになってマスクが時折入ることが分かってスタッフ共々朝開店する時間の9時20分頃にチェックするようになった。販売数は10箱、50枚入りで700円から1,000円程度。あっという間に売切れる。その都度マスクのメーカーが違っている。そんなことはどうでもよく手に入ると皆で喜んだ。

自宅近くの商店街乃書店前に突然マスク売りが始まった。一人一箱限定税込3,800円だった。知人からの紹介マスクは、一箱税込3,300円。4月最後週からマスクをコンビニでも見かけるようになった。商店街の洋品店にもマスク入荷予約受付けます。一箱税込3,278円。高いときは新橋などで5,900円で売られていた。こうなる前は1箱500円前後で買えた。政府がマスクの価格に対して指導するという話が出た途端にあちこちで急にマスクが売られるようになった。大体3,000円前後が多い。仕事で待っている間ふらっとローソンに入ったらマスクが一袋残っていた。本物?と思いつつ恐る恐るかったら7枚240円でラッキー。そんなこともある。上海では現在100枚1,500円程度で売っているらしい。地方ではまだまだ不足して買えないという声を聞く。何でもそうだが自給率UP必要です。

ローソンマスク

あわせて読みたい