開業準備?タイミングは今か?リスクは?

新型コロナの影響で開業医に大きな打撃がみられる。4月は緊急事態宣言もあって3割から6割減というのが首都圏での状況である。開業を予定したいた医師達も開業時期など再考しなければならなくなった。医療モール等の開業誘致活動も止まってしまっている。こういうときだからこそもう一度開業計画の見直すという方法もあるが、規制路線開業時期を多少変更してでも準備を始める医師もいる。

基本的には通常開業するよりリスクは高くなるので資金計画やスタッフ体制、設備投資に関して慎重に検討する必要がある。資金計画に関しては、立ち上がりに時間がよりかかることを予測して十分な運転資金の準備が必要になる。最低でも固定経費1年分は準備したい。スタッフ体制もパートの活用を考えたい。無理をしない考えも必要になる。医療機器等の設備投資は、過剰投資にならないよう注意が必要になる。

予算枠内で開業できるようにしなければならない。昨年この10年で一番開業医の倒産件数が多かった。その理由の多くは、業者優先の勧め方や開業時の課題設備投資、立地によるケースが多い。開業すれば成功する時代は終わっているのだから、開業経費を如何に抑えて損益分岐点を低くするかにかっかっている。安定経営になれば、新たな設備投資も可能になるので一定歯止めラインを決めておきたい。

開業して3年で何とか安定経営に持って行きたいが、5年かかること予測して準備が必要になる。ここでぶれずに進むことも生きる道であるが、過去に例のない患者減を経験している現状をしっかり理解して上で診療方針や経営対策を立て、臨機応変に対応していく姿勢が必要であることを忘れてはならない。進むだけでなく止まって考えて後悔の少ない方法を取るべき時期と言える。開業に必要なのは開業するタイミングであり、それ次第で資金繰りが相当異なる事、患者が増える時期にスタートすることが最大のポイントである。

あわせて読みたい