60歳定年制での職員再雇用対策

医療機関では60歳以上の職員については勤務延長か再雇用をし65歳までは働けるように何らかの対策を取らなければならない。某施設では、経費削減対策も踏まえ60歳以上の職員に1年更新の再雇用契約をするとこととした。再雇用の賃金については1年目月給の7割、賞与は寸志程度、2年目以降は6割を基本とした。月給が低い職員もいるので再雇用する場合の最低賃金も決定した。厳しい運営の中経費削減方法の一つとしてクリニックでも検討することが必要である。

あわせて読みたい