GWステイホームはウォーキングでスタート

緊急事態宣言、さすがに出回るわけには行かない。昨年の今頃は富山、金沢を2泊3日で旅行をしていた。1日目は、北陸新幹線で黒部宇奈月温泉駅、そこから直行バスで雪の大谷へ。途中から右も左も雪景色。夏も来てその違いを知りたいと思った。立山室堂バスターミナルに到着するとやっぱり寒かった。立山そばで白海老のかき揚げそば屋とマス寿司を二人で食べた。そして周辺を散策後、電気バスで黒部ダム駅へ展望台からダムを一望した。

富山に戻ってホテルで翌日の予定を時刻表を見ながら考えていたら飛騨高山と下呂温泉に何とか楽しめそうだと分かって急遽行ってみることに。朝富山駅でホタルイカ弁当を買って特急。初めて飛騨高山は、思ったより観光客が少なかった。覚えているのはお昼の蕎麦が高かった事くらい。その後の下呂温泉では、ホテルの大浴場を利用、合掌村によって帰りの特急へ、急ぎ足の旅になったが満足できた。そんな様子が浮かんで来た。

今年はステイホーム。予定も全くなし。自由に空気を吸える早朝ウォーキングでスタート。どこを目指そうか?昨日2代目町中華で見た新宿荒木町の飲み屋街の本を思い出して行ってみよう。大久保通りから牛込柳町交差点を左折、四谷三丁目を目指して途中から荒木町。早朝お店はもちろん閉っていたが、夜来たくなるような店の看板とラインナップ。こんな所で飲むのは大人の世界が」広がるだろう。通りへ出て四谷駅。市ヶ谷駅か半蔵門か悩んで、久しぶり半蔵門にしよう。ウォーキングやジョグする人にそれなりにすれ違う。車は少ない。麹町警察署、TOKYOFMを眺めながら半蔵門到着。そこから見える桜田門方面を見たら丁度1時間。よし千鳥ヶ淵。

千鳥ヶ淵のベンチには本を読む女性に体操をする男性。その間にスクワットをする男性。何となくホッとするシュチュエーション。犬を連れ散歩する人に数人出会う。靖国通りに出て九段坂公園の何時もの婆場所で東京タワーを確認。よく見える。今日は建国記念日だからと神社に参拝し自宅へ戻る頃には7時半を超えていた。8㎞一万歩超えいい汗をかいた。明日は雨だから朝はゆっくりできるかもと思いながら朝風呂に入ってスタートとなった。今日は本を読めればいいかな。

四谷駅から赤坂
半蔵門から桜田門
九段坂公園から見る東京タワー

あわせて読みたい