MS法人の事業目的 パート1

MS法人とは医療機関における診療業務以外の機能を別会社化したものをメディカルサービス法人略してMS法人とよんでいる。MS法人は通常の株式会社であり医療法人とは異なり、税法などに規定があるのではない。一般的にMS法人の設立目的として節税とのみと考えられているがその目的として、

・診療と管理を分離し節税効果を生む
・財産を管理し相続時の評価の高騰を防ぐ
・定年後(退職後)の生活の安定

である。MS法人の主な事業目的内容(法人定款の目的)としては、

・不動産の賃貸及び管理
・医薬品・衛生材料の販売
・医療用機器・器具等の販売・賃貸及び管理
・給食業務の受託および管理
・リネンサービス業務
・診療報酬請求事務ならびに経理事務の受託
・病医院の保険・広告に関する業務
・病院職員のふくり攻勢活動の企画及び代行
・医療施設の維持・保守・管理
・医療施設の改修・修理・管理
・病医院の防災・警備・清掃・自動車運転・駐車場管理
・病医院内の託児所・食堂・売店等の経営
・有価証券・不動産への投資

が挙げられる。
小規模のクリニックでもMS法人を検討することがあるがその節税効果や業務の煩雑化などよく検討し税理士と相談したうえで設立を考えなければならない。
次回はその活用方法について検討したい。

あわせて読みたい