自粛のお昼は駅弁のチキン弁当(DSS:食)

3月に入って急にセミナーや出張、勉強会の延期が多くなった。4月に緊急事態宣言が出されると、医療関連企業でもテレワークがスタートし、対面での会議やアポ、10人を超えるMTGなども中止となり仕事の動きが止まった。中途半端な状態が続くことでストレスの溜まりやすいので、ちょっと一杯寄り道して帰ろうにも周りの目を気にしながら早くいってさっと飲んで30分程度でお仕舞いにするが、そのような呑み方ではつまらない。こういう時は数回行っても暇だから覚えてくれる。顔見知りになった店主に、持ち帰りを注文すると「ありがたい」と心からお礼を言ってくれる。そうなるとまた顔を出そうとなって止められない。

自粛GWなので生活習慣を変えるには絶好のチャンス。休肝日を4日は作りたいで今日は3日目、何とかオールフリーで凌げそうだ。そうなるとウチご飯ばかりになる。それが美味しくないという訳ではないが、やっぱり外食が気楽で気分的に心地良い面もある。お昼などは、簡単に済ませたいが体を動かしてなければお腹も余り空かず中途半端なご飯になってしまう。ということでGW3日目は駅弁にしようということになった。さすがにガラガラ、こんな光景は見たことがないと思う位の地下鉄で新宿駅。早速駅弁屋に行ってみた。

期待した地方の駅弁はなく東京の駅弁中心、肉系が多い。これじゃあ旅行した気分を味わえないで東京駅に行ってみよう。中央線もガラガラ、あっという間に東京駅到着。駅弁屋祭に直行、お客さんも少ない。コーナーの半分以上に駅弁がない。やはり東京中心のラインナップ。会計は距離を開けて待つようにテープが引かれ警備員さんが指示している。買いたいと思う弁当は正直なかった。昔懐かしいチキン弁当を見つけ「これにする」価格も900円で一番安い。包には55周年と印字されていた。旅気分は味わえないが懐かしい味を堪能したい。

早速お昼に食べてみた。ちょっと薄めのケチャップ味で懐かしいチキンライスの味がした。不揃いのグリーンピースが可愛く見える。唐揚げはしっかり味付けしてある濃いめの醤油味。交互に食べるとこれまた美味しい。ケチャップライスの中にチキンは入ってなかった。ライスの上にチキンを載せて頬張ってみた。これもいける。そのうちチキンライスを作ってみたいと思った。これはこれで合格だった。しかし、当分地方の弁当はお預けのようだ。

日本ばし大増の55周年を迎えたチキン弁当

あわせて読みたい